ノンジアミンで安心!白髪染め

ノンジアミンの白髪染め最新おすすめランキング
アプロナ白髪染め
髪と頭皮の専門家「アデランス」が開発したジアミン不使用の白髪染め。ジアミンだけでなく、ルプルプ・利尻など他の白髪染めにはほとんど配合されている「ステアラミドプロピルジメチルアミン」も無配合というこだわり。刺激が少ない成分といわれてはいるが頭皮の刺激にもなりえるこの成分も不使用なのは「アプロナ」だけ!安心感が違います!
容量:250g 3132円(税込)
カゴメ昆布フコイダインや紅花、クチナシなどの植物由来の天然染色剤を使って白髪を徐々に染めていくヘアカラートリートメント

容量:200g
3240円(税込)
利尻昆布エキスをはじめ28種の植物由来の潤い成分を配合しているから髪や頭皮にやさしくアプローチ。ただチューブが使いにくい

容量:200g
3240円(税込)

ジアミンアレルギーでも安心して使えるノンジアミン・ノンパラベンの安全白髪染め



ノンジアミンの白髪染めが注目を浴びています。
そもそもジアミンって何?という人もいると思いますのでまずは説明。

ジアミンとは白髪染めやカラーリング剤に入っている染毛料、つまり薬剤です。
ジアミンを入れないと色を濃く出すこともできませんし、ジアミンを入れることで十種類もある豊富な色調をつくることができるため白髪染めやカラーリング剤には欠かせない薬剤でした。

ところがこのアレルギーの原因となりかぶれを引き起こすこともあります。
白髪染めでかぶれてしまう人はこのジアミンが原因の場合が多いです。
白髪を染めるときに手袋をするのは手に色をつけないためだけでなく、手あれを防いでいるのですね。

そんな危険なジアミンを毛穴だらけで体内に浸透しやすい頭皮につける白髪染めはかなり恐ろしいことなんです。
しかしご安心ください。アプロナヘアカラートリートメントなどノンジアミンの白髪染めトリートメントもあります。このアプロナならジアミン不使用のヘアカラートリートメントにありがちな染まらないという心配もありません。
さらにアルカリ剤やブリーチ剤などアレルギー成分を一切使用していないので、過去に頭皮がかぶれたり肌荒れが起きた経験がある人でジアミン不使用の白髪染めを探しているのであればアデランスのアプロナヘアカラートリートメントに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

ノンジアミンで安心!白髪染めのピックアップコンテンツ

イメージ
白髪染めを初めて使用する人はどれを選んだらいいか悩んでしまいますよね。 白髪染めは自分に合った白髪染めを選ぶ事が大切なのです。 白髪染めを選ぶ時は、自分の髪質と毛の量、白髪によって変わります。 自分の髪の毛の質で染まり易さが変わるのです。
イメージ
白髪の原因は人によって違いますが、一番多いのはやはり老化が原因の白髪でしょう。 髪の毛は、メラニンのお蔭で黒々とした髪の毛を保つ事が出来るのです。 しかし、メラノサイトと言う機能が低下していくと、メラニン色素を作る事が難しくなってきます。
イメージ
白髪染めを使う前に大切な事は、丁寧に洗髪をして置く事です。 髪の毛を染める前に洗髪をして髪の毛に付着した汚れを落とす事で、髪の毛が染まり易くなります。
イメージ
白髪染めとヘアカラーは違います。 勿論、どちらも髪の毛を染める効果の有る液体でしょう。 白髪染めにもトリートメントタイプとヘアカラータイプのものがありますが。

白髪染めのテクニック

コンテンツボックス03イメージ
白髪染めを使う前に大切な事は、丁寧に洗髪をして置く事です。 髪の毛を染める前に洗髪をして髪の毛に付着した汚れを落とす事で、染まり易くなります。

注意が必要な成分

注意が必要な部分はタイプごとに異なります。

白髪染めは使用方法を間違えると髪の毛に悪影響を及ぼします。 時には、髪の毛だけではなく人体や皮膚にも影響をしてくるのです。

ヘアカラーはなにがいけないのか

ジアミン成分について

ヘアカラーにはフェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンと言ったジアミン成分が含まれています。