ヘアカラーがいけない理由

白髪染めについて

ヘアカラーは何がいけないのか

白髪染めとヘアカラーは違います。 勿論、どちらも髪の毛を染める効果の有る液体でしょう。 白髪染めも分類としてはヘアカラーに分類されます。

しかし、ヘアカラーのカラー剤は基本的に100%石油合成薬品から出来ているのです。 ヘアカラーには体に悪い成分も当然含まれているのです。

特に、ヘアカラーにはフェニレンジアミンやパラフェニレンジアミンと言ったジアミン成分が含まれています。 これらは発がん作用やアレルギー作用が含まれています。 頻繁に使用する事により、人体に影響を及ぼす可能性も有るのです。 特に、妊娠中にヘアカラーをした場合は子供に悪影響が出る可能性が高いのです。

ヘアカラーの中で一番影響力が強いのが、アレルギーに対する効果です。 ヘアカラーを使用する事により、全身がかぶれてしまったり、くしゃみ等のアレルギー反応が出る場合が有ります。 これはヘアカラーの使用を何度も行う事により更に効果が出てくる場合が有るのです。

長年のヘアカラーで体内に蓄積されてきたジアミンは中々取り除く事が出来ません。 ヘアカラーは想像以上に危険な物なのかも知れませんね。

ですから最近は、非ジアミン系の物を使用する美容院も増えてきています。 例えば、ヘナやヘアマニキュア、ヘアカラートリートメントです。 これらにはジアミンが入っておらず、健康面での心配は有りません。 特に、ヘアカラートリートメントは敏感肌の人でも安心して使う事が出来る程体に優しい物なのです。