なぜ白髪になるか

白髪・白髪染め基礎知識

なぜ白髪になるのか

白髪の原因は人によって違いますが、一番多いのはやはり老化が原因の白髪でしょう。

髪の毛は、メラニンのお蔭で黒々とした髪の毛を保つ事が出来るのです。 しかし、メラノサイトと言う機能が低下していくと、メラニン色素を作る事が難しくなってきます。 そのせいで、白髪が生えてくるのです。

老化すると、どうしても細胞の活性が弱まってしまうのです。 勿論、個人差は有りますし老人になっても黒々とした髪の毛の方もいます。 けれども、早い人では30代頃から少しずつ白髪が発生していくのです。 老化をすると大半の人が白髪が生じるのです。

また、ミネラル不足の場合でも白髪になる可能性が有ります。 ミネラルは髪の毛を作る為には欠かせない成分です。 このミネラルが不足していると、色素細胞までに影響を及ぼします。 そのせいで、白髪になる可能性が有るのです。 このミネラルは食べ物で補給する事が出来ます。 ミネラル以外でも、アミノ酸やビタミン等が不足していると白髪が生じる原因となってしまうでしょう。 普段から健康的でバランスの良い食生活を送る事が大切なのです。

他に、生活習慣によって白髪が出来てしまう方もいます。 睡眠不足やストレス等のせいです。

髪の毛は眠っている間に成長するのです。 睡眠時間が不規則で有ったり睡眠不足が続くと髪の毛が成長せず、白髪となって生えてくる事が有ります。 ストレスと髪の毛はとても密接な関係に有ります。 ストレスが溜まった状態が続くと頭髪にまで影響を及ぼし、薄毛や白髪が生じる事が有るのです。