白髪染めのジアミンとは

ジアミン・ノンジアミン

白髪染めのジアミンとは何か

白髪染めにはジアミンと言う成分が含まれている物がほとんどです。 ジアミンとは、パラフェニレンジアミンと言う成分の事を言います。 これはヘアカラーに使われている髪の毛を染める事の出来る成分なのです。

通常のヘアカラーや白髪染めに含まれている成分がジアミンなのです。 髪の毛を染めるには、メラニン色素を分解し、脱色させる必要が有ります。 髪の毛を染める段階で、酸素と結びつき発色させる効果を持っているのがジアミンなのです。

しかし、このジアミンはアレルギー被害を起こす可能性が有るのです。

ジアミンの配合されている白髪染めやヘアカラーを使っていくうちに、アレルギー反応を起こす方がいます。 アレルギー反応は、頭皮の痒みや被れ、結膜炎や湿疹等様々です。

ジアミン入りのヘアカラーを使っていても最初の段階では特にアレルギー反応を示さない人が多いでしょう。 しかし、何度もヘアカラーを使用して行くごとにどんどん体内にジアミンが蓄積して行きます。 これは自分ではどのくらい蓄積されているのか全く分からないのです。 このジアミンの蓄積により、どんどんアレルギー症状が出てくるのです。

なので、ジアミン入りのヘアカラーや白髪染めを使う時は毎回パッチテストを忘れない様にしましょう。 前回は大丈夫でも、今回はアレルギー症状が発生するかも知れません。

しっかりとパッチテストを行い、アレルギー症状が出たらヘアカラーの使用を中止する事が体の為には大切な事なのです。