注意が必要な白髪染め成分

白髪染めについて

注意が必要な白髪染めの成分とは

白髪染めは使用方法を間違えると髪の毛に悪影響を及ぼします。 時には、髪の毛だけではなく人体や皮膚にも影響をしてくるのです。

注意が必要な部分は白髪染めのタイプごとに異なります。

まず、複合タイプの白髪染めです。 一般的に市販されている白髪染めは、1剤と2剤を混ぜて使用する物が多いですよね。 このタイプは一番簡単に髪の毛を染める事が出来ると思います。 しかし、この混合タイプの白髪染めは、過酸化水素水やアンモニウムと言った要素がとても強いのです。 これらは刺激が強く、長時間皮膚に付けておくと頭皮にダメージを与えてしまうのです。 白髪染めをする時は、どうしても頭皮の上に長時間白髪染めを付けておく必要が有りますよね。

事前にきちんとパッチテストを行いアレルギー反応チェックを行う事が大切です。 同時に、記載している時間以上髪の毛に付け置きしない事が大切なのです。

次にヘアマニキュアタイプです。 白髪染めの中でもダメージが少ないと評判なのが、このヘアマニキュアタイプなのです。

パッチテストの問題もなく、普通に使う事が出来るでしょう。 しかし、敏感肌の人は稀に皮膚に異常を来す事も有るのです。 気になる方は、放置時間をきちんと守り、正しい使用方法をしっかりと守る様にして下さい。

最後はヘナカラーです。 天然成分から作られていてとても髪の毛に優しい成分です。 しかし、ヘアに対してのアレルギーの出る方が稀にいるのです。 ヘナを初めて使う時はパッチテストを忘れない様にしましょう。