白髪染めのテクニック

白髪染めについて

白髪染めのテクニックについて

白髪染めを使う前に大切な事は、丁寧に洗髪をして置く事です。 髪の毛を染める前に洗髪をして髪の毛に付着した汚れを落とす事で、髪の毛が染まり易くなります。

また、白髪染めを使用した後のシャンプーもとても大切です。 髪の毛に白髪染めが残った状態だと、髪の毛がどんどん傷んでいくのです。 いつも以上に丁寧なシャンプーを心掛けて下さい。 2度洗いしても良いでしょう。 シャンプーの泡に染料の色が付かなくなっても、まだしばらく洗い続ける事が大切なのです。

また、白髪染めはヘアカラーと違い部分染めと全体染めが有ります。 勿論ヘアカラーにもリタッチは有りますが、リタッチとは違うのです。

全体染めはそのままの意味で、髪の毛全体を白髪染めで染める事です。 初めて白髪染めを使うときや白髪が目立っている部分が多い時は全体染めを行いましょう。

一度白髪染めを行うと、全体的には白髪が目立たなくなっていると思います。 しかし少しすると生え際や部分的に白髪が見えてきますよね。 出来る限り髪の毛に負担を掛けない為にも、部分的に目立つ時は部分染めが必要です。

全体染めをする周期は2,3か月と言われています。 けれども2,3か月も白髪を放置しているととても目立つ事になってしまいますよね。 全体染めをするまでの期間は、生え際や気になる部分のみ、少量で部分染めをする必要が有ります。

最近はクリームタイプやマスカラタイプ等、少量でも使い易い部分染め用の商品も販売されています。 生え際や気になる部分のみを染める時に使ってみて下さい。